LastRootsなどの新しい仮想通貨は日本でも拡大中

ビットコインについて

仮想通貨と言えば、ビットコインがもっとも有名です。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれるバーチャルマネーのことであり、2009年ごろからアメリカで利用が始まりました。

ブロックチェーン・テクノロジーを駆使していることから、アメリカドルや日本円、ユーロなどの法定通貨のような規制がなく、使い勝手が良いことから、世界中で普及が進んでいます。

日本でも仮想通貨の利用が始まっており、代表的な金融機関でも活用を検討しているところが出てきています。

日本では、2016年に暗号通貨に関する法律案が国会に提出され、海外の業者で日本に参入するところが現れています。

ただ、2014年にビットコインを取り扱っている業者で問題が起こり、暗号通貨に対するネガティブなイメージが出来てしまいました。

ただ、ブロックチェーンを通じて決済を行うことの利便性は日本国内でも認知が進み、大手銀行が従業員向けにトライアルとして暗号通貨を利用する取り組みが始まろうとしています。

暗号通貨の魅力

暗号通貨の最大の魅力は、使い勝手の良さにあります。

アメリカドルやユーロなどをアメリカやフランスに送金する場合、日本円から為替を起こす必要があり、この時点で手数料が発生します。

また、多額の海外送金手数料も必要になり、かなりのコストを顧客は負担しなければなりません。

また、アメリカやフランスの現地銀行にある口座で着金を確認するために、数日の時間が必要になるケースもあります。

このような点から、法定通貨を送金する際のコストと手間について以前から改善を求める声があり、仮想通貨はこれらの問題を解決する手段として、多くの利用者を集めています。

海外で利用が始まった仮想通貨ですが、日本生まれのバーチャルマネーも登場しており、小売店でも利用可能なところが登場しています。

暗号通貨は、アメリカドルをベースにしているものが多いですが、最近は日本円から変換できるLastRootsのc0ban(コバン)といったバーチャルマネーも出てきています。

日本円との相対取引による暗号通貨取引所を提供する業者が登場し、ビットコインなど他のバーチャルマネーとの取引も可能になっています。

暗号通貨については、安全性を不安視する声がありますが、大手金融機関と同じレベルのセキュリティ対応を行っている取引所があります。

それらの取引所を利用することで、セキュリティ上の問題をクリアすることが可能になっています。

インターネットに接続している端末があれば、すぐに取引を開始できる点が暗号通貨のメリットになっています。

また、仮想通貨の評判も同時に調べてみましょう。

以下のサイトのように詳しい記事の情報は信頼性を見る指標のひとつです。
ヤフーなどで、「LastRoots 評判」などで調べてみましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク