気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消

■ムダ毛処理の仕方に注意

黒ずみができやすい箇所にはデリケートゾーンや脇の下などがあります。

特にデリケートゾーンは場所が場所なだけに、黒ずんでしまってもなかなか周囲に相談することもできず、自分で何とか改善しようとケアを行う人が多いようです。

お手入れ方法を正しく選ぶことができれば自宅でのケアでも十分に改善できますので、日々適切なお手入れを行いつつ黒ずみにつながるような習慣も排除していかなければなりません。

黒ずみを引き起こす要因として、ムダ毛処理は一番最初に見直したいところです。

ムダ毛処理を行っているとどうしても肌に負担がかかってしまい、肌は本能的に刺激から守ろうとメラニン色素を生成してしまいます。

防御反応としては正しいものですが黒ずみが広がるのは非常に困ります。

ムダ毛処理を行う時にはできるだけ肌に優しい方法を選び、できれば再生しない方法で一気に処理を行ってしまった方が安心です。

■下着と肌の摩擦による黒ずみ

次に、常に下着と接する部分ですので下着との摩擦に肌が負けてしまっている可能性があります。

素材による問題が見られるケースもありますし、締め付けの強い下着が原因のケースもあります。

締め付けの強い下着をつけていると動くたびに大きな摩擦の力が働きますので、それによってメラニン色素が増えます。

素材を選ぶ場合には綿などの通気性が良くて汗を吸い取るタイプが良いようです。

摩擦が問題になるのですから、お風呂の時にゴシゴシとこするようなことも厳禁です。

手で洗っている人は問題ありませんが、体洗いようのタオルなどで洗っている場合には刺激を与えます。

デリケートゾーンは他の部位よりも皮膚が薄くので、少しの刺激でも負担が大きくなります。

ですから、なるべく手に泡をつけて優しく洗うことが重要です。

■黒ずみ専用の化粧品などで保湿する

日常生活の中でリスクとなる部分を見直すことができたら、次に黒ずみを改善する方法を考えます。

肌にはターンオーバーの機能が備わっていて、自然にしていても古い細胞がどんどん剥がれ落ちます。

ただし、その働きが鈍っているといつまでもメラニンを含む肌細胞が留まってしまいますので、肌代謝を高めるような化粧品を利用する必要があります。

代謝を促すことでトラブルを抱える肌細胞の排出がスムーズになり、新たな細胞の生成もスピードアップします。

お肌のお手入れでは保湿ケアも大切です。

保湿を怠ると肌は乾燥しがちになりますが、乾燥すると外的な刺激に敏感に反応してしまいますので、保湿は徹底して行うようにします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク